読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

happycyclone !

関東暮らしアラサー野郎の婚活記録

2016年12月10日:登録@有楽町東京都仲人協会

前回訪問した時は説明をきいてきました。

特段説明会があるわけではなく、突如私が扉を叩いて担当の方に個別で説明して頂きました。

始めるのに必要な書類を整えるのが少し大変でした。

独身を証明するのに必要な戸籍抄本(独身証明書でも良いのですが役所で申し込む時に恥ずかしいので…)は本籍地の役所でないと取り寄せることができないので、役場に行くために会社を休みました。

ちょうど繁忙期でこんな時期に休むのか!と全員の前で上司から問い詰められました。他の人は何にも言われないのに、なんてひどい人なのでしょう。

私の人生を左右することなので、くじけずに真剣にお休みを頂きました。本気です。

説明を聴いてから2週間近く経った12月10日、申し込みにいきました。

 

流れはこんな感じです。

・自己紹介書、源泉徴収票を提出する。

・身分証を提示する。

・写真を撮影する。服装はフォーマル。

(スーツは嫌だったのでカジュアル+ジャケットにしました。)

・システムの説明。

 

お見合いのシステムは下記のとおりです。

・インターネットの専用ページを通じてお相手が紹介される。

・まず女性会員に男性会員が紹介される。

・男性会員にその女性会員が紹介される。

・男性が専用ページでOKを出したら仲人協会(以下「協会」)が仲介してお互いのスケジュールを考慮して面会日時を決定する。

・初回面会(内見合い)は60分間。協会内にあるブースに先に女性が入り、後に男性が入る。協会の担当者がお互いのプロフィール(名前・学歴・勤め先・趣味)を紹介し、その後は二人きりになって話をする。終わったら女性から退室する。2回目のお見合いをするかどうかを担当者が女性に聴く。その結果を担当者が男性に伝える。男性も希望すれば二回目のお見合いが成立する。

・二回目(外見合い)は時間制限なし。お互いの合意によるプチデート。平均3時間ぐらい話し合ってその日は帰る模様。

・外見合いの翌日までに交際するかどうかを決めて協会に連絡する。(相手との直接のやりとりはしてはならない。)

・1ヶ月おきに交際状況を協会に報告する。

・3ヶ月で成婚するかどうかを判断する(プロポーズする)。成婚を判断することができないとしても関係を続けるためには成婚の扱いとする。

 

これが大まかな流れです。

恋愛をしていると感じることだと思うのですが、だらだらと交際すると結婚が遠のくことがあります。

婚活は結婚するためのプロセスであり、恋愛ではないと謳われています。ここは重要です。

特に男性側がここを飲みこめていないことがあるとネットで見ました。女性は何にしても現実的ということでしょうか。笑

そのため、3ヶ月できっちりと決めてくださいね!となっています。同居だったり結婚だったりは実際には3ヶ月で行うわけではないのですが、婚約(プロポーズ)は3ヶ月ですることになります。正直シビアすぎます。

3ヶ月で判断するために、週に1~2回会うのが鉄板のようです。なかなか参考になるサイトがなくて、下記を見つけて読んでいます。

tamago-konkatu.blogspot.jp

 

実際活動していると想定外のこともありイメージが掴めないのですが、それについては事案ごとに紹介していきます。