読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

happycyclone !

関東暮らしアラサー野郎の婚活記録

2017年04月01~02日:Eさん11回目@自宅

4月中旬に彼女の家に泊まることになっているのですが、それを待たずにまた二人きりになる時間が欲しいと私からリクエストしました。

私の家に来るのは遠いから大変だし、彼女の家はきっとまだ準備できていない・・・彼女は私の自宅に来ることを選んでくれました。また来てくれました。

外食をするなら静かな場所でしたいというリクエストがあったので、焼き鳥を静かな店で食べました。静かすぎるという突っ込みをくらいましたが、仕事の話などをしながら焼き鳥に舌鼓を打っていました。半生のささみやつくねが絶妙。こういうお店で食べる厚焼き卵は最高においしいものでした。我ながらおいしい場所を選んだものでした。しかしながらこだわりの親子丼は私の作ったものの方が・・・なんていうのは喉元で留めておきました。彼女が期待してしまいますから…

 

彼女が私の家に来るには、乗り換えを少なくして駅から自転車に乗るか、乗り換えをたくさんして駅から歩くかの二択になります。

前回は自転車を使いました。一度乗ったので嫌がるかなと思って今回は最寄駅のこともよく教えたのですが、彼女はまた自転車を選びました。電車の乗り換えは大変なので自転車に乗る方がよいそうです。一緒に走るのは二回目。一緒に自転車に乗っていると、生活している感じがします。ちょっと不機嫌ではあったのですが、彼女が選んだ交通手段なので私はあっけらかんとしていました。

家についてからはまた一緒にスーパーに行って買い物をしました。翌日何を食べようかということで野菜などを買いました。

お互い二回目のお泊まりということでとても馴染んだ感じで部屋でくつろぐことができました。彼女は最近寝不足らしく、よく眠りたいことが伝わりました。

私の部屋は来客を泊めるためのものがないので一緒の寝具で寝ていますが、今回は特に眠りの姿勢がよくなくてあまり眠りませんでした。たぶん彼女も・・・申し訳ないです。なのに文句をひとつも言いません。普段はベッドで眠っているらしいのに、敷き布団の生活の私に何ひとつ指摘をしません。むしろ寄り沿ってくれてよかったです。

今回も彼女をおいて朝ごはんの支度をしました。しかしきちんと起きて横にいてくれました。ちょっと無理してるのかもしれませんが、手伝ってくれるのは嬉しいことです。

彼女はそれでもおいしそうに料理を口に頬張るので見ていて幸せになりました。ありがたいといってくれました。

 

今回は私からまた二人だけの場所で二人だけの時間を過ごしたいとリクエストしましたが、彼女もそれを強く思っていたようで寝る前に今後のことを話しあいました。

お互いの両親に会う時期、両親の顔合わせ、彼女の親戚へのご挨拶について、入籍の時期、引越しの時期。彼女は計画が入念なので、私はそれに会わせる形に?私の提案は私の両親に5月に紹介したいと考えていて、それが一番最初になりそうです。彼女の両親に会うよりも、自分の両親に会わせる方が緊張します。恥ずかしいです、そんな話は普段しませんから。

その点、彼女の行動は感心します。昨年末に婚活するよと母親に告げ、2月に交際を開始したと両親に告げていたそうです。私の部屋に着いたときにお母様から電話がきました。交際は順調かと聴かれていました。まさにその隣に私がいたのですが、私の部屋で。詳しくは後日話すよとお母様に伝えていました。

翌朝に話してくれたのですが、やはり仲人協会で私が初めて紹介を受けた人らしく、初めてだけど見つかったから付き合っている、うまくいっているよと報告してくれたみたいです。私も仲人協会では初めての交際ですから初めて同士です。

初めて同士だとよくわからない一方、二人で探り合うので課題を持ってきちんと解決しようとします。それが一体感を生むのでしょう。

たとえ初めてでない人だとしても、初心を忘れないことは大事なんじゃないかなと思いました。パターン決めはその人を知る機会を逃しかねないと思いました。

 

一晩過ごしてからは花見に出かけました。喫茶店に入ったり屋台で焼き芋を買ったり歩いたり。

偶然にも彼女の故郷が私の故郷と一緒だったり、今私が住んでいるところが彼女の住んでいたところだったり。そんな彼女と一緒に歩いていると「懐かしい~」の連発でした。私はこの街が好きなので散歩自体が楽しくて、それを好きな人と一緒に歩くことができてとても幸せでした。

歩きながら焼き芋を頬張り、家に着いてから昼寝をしてラジオを聴きながら料理をして食事をしました。

あれ?彼女はラジオを聴く人ではないのに、テレビを見る人なのに。私の好きなラジオ番組に聴き入っています。嬉しいことに私の好きなことを受け入れてくれています。

いつも聴くラジオ番組で本を発売するのですが、限定サイン会&グッズ付きということで気になって調べていたら彼女もそれに乗ってきて、一緒に行くことになりました。

彼女が以前働いていたところでのイベントで、カレーが食べたいと言っていました。お互いの楽しみが調和しました。出かける場所が噛み合って嬉しいものです。

 

当初は趣味がまったく噛み合わない、しかもアウトドアとインドアという正反対の関係でどうなるか心配でしたが、彼女は思ったより面白い人でよかったです。

彼女は意見を小出しにするのですが、私のことを選んだのは、アウトドアゆえに運動をすることときちんと食事を作ることだそうです。それは彼女にはない部分だそうですが、そういうところを取り入れたいということでした。

私から見ると、彼女は頭脳明晰で冷静に判断できる人なのが魅力ですが、基本は甘えたがり屋さん、両方の顔を持ち合わせています。誰にも見せないような顔を私の前で少しずつ見せてくれるようになりました。そんなところが愛おしいです。私は端的に好きとしか表現しませんでしたが、お互いがお互いを必要としていることを確認できたのでした。

 

いろいろ書きましたが、2回目のお泊まりはとても充実していました。

結婚までの行動について、はっきりと目標や期日を決めることができました。かなり前進したと思います。ご家族も写真で紹介してもらったので、会うときのイメトレができました。(逆に紹介するものがなくて彼女には申し訳ないです。)

夏には入籍しようということになりました。子どもはやはり二人ほしいということでまとまりました。(私はおぼろげに二人ほしいと言っていただけでした。)

交際3ヶ月で仲人協会からは卒業となりますが、ゴールもといスタートへ向けて着実に歩みを進めています。よかった、Eさんで。