読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

happycyclone !

関東暮らしアラサー野郎の婚活記録

2016年11月23日:婚活喫茶@アイリスカフェ新宿

その後もアプリをして様子を見ていたのですが、かんたんにできるだけあって、ノリが軽いか、話が続かないかの2通りで固まってしまいました。

ひとりだけ、キャッチボールのできる人がいたのですが、私がたくさんメールをしすぎてしまったのかいなくなっちゃいました。

その人は自営業(デザイナー)ということもあり、ペースを乱してしまって嫌気がさしたのでしょうね。反省・・・

顔が見えない(顔写真でお互い確認はしていた)のでわからなかったです。

 

さて、今回は喫茶スタイルのものに行ってみました。

平日休みの人とか、喫茶するのが好きな人、公園が好きな人、30歳までの人とか。中には一緒に料理しましょうというものもあります。興味があるのですが、日程が合わない・・・

今回参加したのが、共通のあることで集まって喫茶しましょうというものです。

実際行ってみると、マンションの一室を喫茶店風に改装したもので、6つのテーブルがありました。

そのテーブルで男性6人、女性6人がお見合いをするというものです。

テーブルで1:1で15分間話してを6回繰り返すものです。

事前に簡単な自己紹介書を作って、1:1で話すときに交換してそれを元に話を展開するものです。

ローテーションが終わって最後に気に入った人に向けてメッセージカードを書いてスタッフ経由で交換するものです。

交換率7割と公式ホームページに書いてありました。

感想ですが、喫茶どころじゃなかったです。軽く自己紹介して好きなこと休みの日などを聴いて、話が少し水平展開してしまうだけで15分なんてあっという間です。

下手したら最初に話した人のことを忘れちゃうぐらいです。初対面の面接の波です。笑

中には気の合わない人もいるにしても、話が続かない人向けの質問カード(トランプみたいなカードに質問が書いてある)を使う機会はありませんでした。

結果全員からメッセージカードを頂きましたが、そこからが問題。。

メールをしても反応がわるかったりもします。

感情は生もの、たった15分しか会っていないでお互いロクに理解もしていないので、よほどのインパクトを与えなければ歩み寄りはないと思いました。

私自身そうでした。メールできちんとやりとりできる女性がいたので会う約束をしていたのですが、インフルエンザにかかったらしく延期に。

風邪を心配したり夢を話したり、会うのが楽しみにしていました。毎日少しずつですがメールをしていたのです。

そこで会う前にお互いの自己紹介を改めてしたのですが、私が年下ということがわかった途端に引いてしまいました。

誰にだって譲れないことがあるのは仕方ありません。

私は年齢は関係ないですが(ただし未成年やそうと思わしき人は相手しません)、何が譲れないことなのかを考えてしまいました。

うーん・・・実際にはいくつかあるんでしょうけど、初対面で表現することでもないし。

とりあえず話のキャッチボールが出来る人かなと思います。

意外と合う人が見つかりません。

その人の内面を引き出すのに必要なことなので、相手の目を見て気持ちを読んでお話できるようにしたいです。

きっと私の歩み寄り方も至らないのでしょう。いろんな人とお話をすることで自分が磨かれるというのをききますが、まさにそんなところだなあと思いました。

勉強になりました、ありがとうございました。