読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

happycyclone !

関東暮らしアラサー野郎の婚活記録

2017年03月04日:Eさん7回目@池袋

今回は彼女の仕事帰りに会いました。私の方が仕事を休んでいる日が多いので恐縮ですが、その分家庭でフォローできたらいいなと考えています。(厚かましいので伝えていません。)

彼女は魚好きで一緒に食べることが多いので、今回も魚にしますか?と聞いたら服が臭くならなければよいということで、今回はそれに配慮して店を選びました。

仕事で疲れていたのが彼女の顔に出ていました。労いたかったのですがどことなく不機嫌で伝えづらかったです。仕方ないですね。せめてもお腹いっぱいにしてあげたいなと思いました。

デートの食事があまりにもさかな続きだったので今回は肉が食べたくなったらしく、店で選べるお通しも料理も肉を頼んでいました。そういう正直なところは好きです。

 

今回は次回以降のデートについて話していました。ドライブのプランについて話を進めようとしたら、それは交際を続けて行くうちにできたらよいことだから後にしましょうとばっさり。なんと、私の家に行きたいと言いました。

交際相手として見極めができるのは3ヶ月。なので、その間に確認できることはしておきたいと言っていました。確かにそうですね。

私はまだデートを通じて彼女を知りたいと思っていたのですが、意外と彼女は直球勝負でした。男の部屋に上がりたいなんて、彼女の口から出るとは思ってもいませんでした。彼女はドライな性格と彼女自身を分析するだけあるなと思いました。

 最初、話の流れでドライブで家に行きたいと言ったと思ったので、ん?車で家に行くって誰の家?私の実家?と勘違いしたわけですが(私の家へ車で行くには近い)、そしたらあなたの両親に会いにいくわけがないじゃないですか!と真顔で返答していました。ちょっと怖かったです。私もそうだとしたら彼女のことがさらに怖い人だと思ったのですが、勘違いでよかったです。冗談を言うつもりはまったくなかったのですが、冗談が通じない人だなと思いました。

 

共同生活を見据えた上でのことで確かめておきたいこと、言葉だけではわからないことはある。だからお互いの家にあと2ヶ月以内に行くことにしましょうと相談したのは1週間前のことでした。

日帰りがよいか泊まりがよいか聴いたら、できれば泊まりでと言っていました。たぶん、私の寝息を確認したいのでしょう。彼女は寝る時にヘッドフォンをするそうなので気にしないとは言っていたのですが、彼女の親御さんのそれを気にしている様子で、私についてはどうかと前回聴かれましたので正直に伝えました。お酒を飲んだり体調がわるいときは・・・と。

今は花粉症なので鼻の調子がよくないため、彼女の期待に添えるようなものではないかもしれません。治療することでクリアできればとも思っています(治療するところを彼女が知っているということで紹介してもらえそう)。そこはまた相談でしょうか。

まさか女性からそんなことを先に言われるとは思いませんでした。それと、一緒にいるときにだいぶ包み隠さず話すようになってきました。話すときの姿勢もそうです。だいぶ足を崩している感じで、スカートなのに心配でちょっと指摘してしまいました。

 

たまに仕事の話をするのですが、「業界がわからないと話しが通じないと思いますが…」とちょっと諦めな感じで物言いをすることがあります。

まだ会ってこんなしか経っていないのに、彼女は高学歴で頭の良い人なのはわかりますが・・・

しかも、ある程度話を聴いたあと、「私の仕事に興味ないんですか?」と発したときは、えっ・・・と思ってしまいました。こんなことを言われたのは生まれて初めてでした。たまにとんちんかんなことを聴きますが、知らないのだから許して欲しい。いろんな話がまだ点で、線になってもこんがらがっていることもあります。でも彼女は頭が良いからそんなことはないのでしょう。

ちょっとひんやりした心のなか。

でも帰りの別れ際にはいつもの顔になっていました。女性ってころっと変わるのでよくわからないことがありますが、やはりそれは彼女もそうなのでしょうか。

今回の一番の反省はその点でしょうか。彼女の仕事への理解不足を認めた上で、「また少しずつ教えてね」と帰宅してからラインをしました。

 

どきどきの家庭訪問となりそうですが、その前に次回は私の提案でショッピングセンターと家具屋に行くことにしました。お互い独り暮らしなので家具を補充することはほとんどないと思っていますが、家具や雑貨を選ぶ感覚を共有したいので行きたいと伝えて一緒に行くことにしました。電車での行き方がいまいちわからず、ぱぱっと彼女が調べてくれました。デートプランや二人での解決ごとに関するアイデアは私も結構出すのですが、彼女は行動が早いなと改めて思いました。

デートのできる家具屋というのは場所が限られていますね。私はその家具屋が大好きでたまに行きます。今夜はその話をきっかけにこたつの話題をしたりしました。本当に家でごろごろするのが大好きなんだなと思いました。

私はきっと子どもと一緒に遊びに行くのでしょうね。私が小さい頃はそうしてもらっていました。(あまり家にいた記憶がないぐらいに連れに行ってもらってました。)

彼女は家でのんびりしているのが目に見えます。感覚の異なる二人ですが、それでも先に進むことを考えているのは、お互いがお互いを尊重して生きることができそうだからです。

 

私の両親がそうですが、お互い自由人なので上手に付き合えているように見えます。

彼女の両親はいつもくだらないことでケンカをしているそうです。くだらないことなので大ごとになることはないそうです。小さなうちに問題を解決しているんじゃない?と聴いたら、彼女は無口になっていました。見ていてくだらないと冷静にズバっと切っていました。どこまでもドライです。

私と彼女もケンカだらけになってしまうのか?私はケンカは体力を使うので避ける方向で生きていると伝えています。たぶん、彼女がいつも怒っていて、私はそれを避けるようにして生きているのでしょうね。

それがもうこの段階で見えてしまっているのですが、果たしてうまくいくのでしょうか。そこがちょっと心配です。

まだ会うのも7回目・・・とはいえ、あと2週間ちょっとで交際2ヶ月になってしまいます。

もたもたしているとあっという間に協会が定めている期限である3ヶ月になってしまいます。そんな焦りを彼女の言葉の節々から多少感じました。頭の良い彼女なので、いろんなことを計算しているのでしょう。

はっきり書いてしまいますが、まだ時折手をつなぐぐらいしかしていません。それ以上のことは何もありません。どうしてか、早く成熟させなければいけないのに、今までの恋愛と比べて遅いです。ドライな彼女なので別にそこは考えていないのかもしれませんが、様々な感覚の擦り合わせを求めているのかもしれません。

彼女はドライだし恥ずかしがり屋だし、どう扱えばよいのか正直わかりません。引くか押すか悩むところです。勢いがなければまた独りになってしまいそうと言っていた彼女は何を求めているのか正直わかりません。

どんな家庭にしたいか聴いたら、必ず私のことを聴いてきて、返答したら私と一緒だと答えます。前回も似たようなことを聴いたのに、まるっきし同じような返しでつまらないなあと思っていました。だから今回も聴きました。

ちなみに私は毎日一緒に食事をして他愛無いことを話したり、子どもと一緒にでかけたいと伝えました。

趣味は趣味、一日中相手を束縛することはせず、一日に一食は一緒に食事をしたいとも伝えました。家事は求めないけれども共有してくれたら嬉しいとも伝えました。

そんなに高いハードルでもないと思うのですが、彼女はどう考えているかはまったく見えてきません。

たぶんおそらく、金銭感覚は私の方が緩くて彼女の方が財布のひもがきついです。

私はお互いが自分の部屋を持つべきと考えていますが、彼女はわからないと言っていました。経済的なことですべてが決まる感じで感覚は二の次。今の段階でそれを言っているのですから、よほど現実的で節約志向なんだと思います。

私は最近、自分を大切にしなくちゃと思い自己投資を始めました。婚活もその一環です。それに伴い副業も始めて少しでも収入をアシストしたいと考えています。(私の働いている会社は副業OKになっています。)

どうしてもアラサーは生きるのにお金がかかってしまいます。活動的な人生を送るため、その先の人生を占うのに自己投資をする人もいます。若さを保つためにもお金も労も時間もかかります。でも、そんなアクティビティが質の良い労働と生活の循環を生み、結果的に少しでも良い稼ぎができればいいなと考えて始めるようになりました。のらりくらりと遊んで暮らしているわけではないので許して欲しいです。

少し前までは彼女と同じく収入に係わらずの節約志向型でしたが、今はちょっと飛び出して生きています。そんな感覚が理解されるのか?尊重されるのか?

もちろん家庭を大事にして最優先にしますが、何が何でも節約!な感覚の中をすり抜けながら生きるのでしょうか。せめて頑張って働こう!今度は失敗しないように、程々に。いろんな考えが巡った土曜日のデートでした。

再来週あたりにお互いを験してひとつの答えが出てくるのではないかと思います。でも焦るとかいうのはなく、家を少し綺麗にするのと寝息が最小限になるようにするぐらいであとはありのままで行きたいと思います。

実際の共同生活はありのままになるので、きちんと愛していけるかどうかを確認できればよいと思います。何よりも人生楽しむこと。その結果、彼女がとなりにいてくれたら良いなと思います。私は彼女に求めることはあまりないので(現時点でクリアしている)、あとは彼女が私を許せるかどうかですね。

それは私というよりも彼女次第だと思いますので、私は私のままでいようと思います。昔だったら背伸びしていたと思いますが、今はするつもりはありません。

きっと彼女もそういう感覚でいるのだと思うので、心地よい関係でお互いが結ばれたらいいなと思います。ご覧頂いている皆さま、どうか温かく見守って頂ければ幸いです。